魚の飼育を始めて一番難しいのは飼育初期です。
一番不慣れな時期なのに、一番難しい判断を余儀なくされるのが飼育初期なのです。
特に魚の発するSOSや水槽の水の色など、少し経験を積めば難しくないものが、経験不足ゆえ判断できないものが多いのです。

IMGP1179


例えば魚が妙に貴方の前に姿を現し、貴方に判るように泳いでいたとします。
さて、貴方はどう考えるでしょうか?
最初私は「こいつ随分人間に慣れているな」と判断していました。
でも答えは✖ですw

海からやってきたまたはお店からやってきていきなり人間に懐くはありません。
水槽の中で異常事態が発生しているのです。
魚は通常人間には興味を示さなくても、いざという時には人間に助けを求めます。
ですから魚が妙に自分に馴れ馴れしいなと思った時には要注意です。
必ず問題が発生しています。

また何となく水槽の水が白っぽく見えることがあります。
アンモニアや亜硝酸の発生です。

初期の異常で一番多い問題は、アンモニアや亜硝酸の発生です。
次に多いのが酸素不足。
逆に言えばこの3つをチェックすれば殆どの場合問題を見つけることが出来ます。

1.もしアンモニアが発生したら?

対処としてはアンモニア試薬で数値をしっかり把握します。
一旦ろ材をフィルターから取り出し、新しい人工海水でよく洗います。(水道水で洗ってはいけません)
洗ったろ材はフィルターに戻し、新しい人工海水を水槽に入れてエアレーションを激しくします。(ブクを追加しても良い)
激しいエアレーション作業は1時間程度行います。
その際魚は一時的に、別の容器で新しく作った人工海水に入れておきます。
エアレーション作業が完了したら魚を水槽に戻します。
※3~4時間程度はフィルターが無くてもエアレーションだけで生きています。(ただし水温には注意)
その後2時間ほど経過したら再びアンモニア試薬で計測します。
ここで、1.5㎎/㍑を超えているようでしたら、上記の作業を繰り返します。
その後は必要に応じて数値を注意深く見るようにします。


2.もし亜硝酸が発生したら?

アンモニアが発生した後、必ず亜硝酸が発生します。
これは飼育水が安全になるための「硝化」と言われる工程で避けることができません。
逆に言えば亜硝酸が発生するようになると、アンモニアは発生しなくなります。

ただ問題はアンモニアよりもより毒性の強いのがこの亜硝酸です。
亜硝酸が一旦発生すると魚の血液中のヘモグロビンが減少し、血中の鉄分に窒素酸化物が張り付いて酸素を各細胞へ運べなくなります。
その結果酸欠となって魚が死んでしまいます。

対処としては亜硝酸試薬で数値をしっかり把握します。
0.8mg/㍑以上が致死量です。
亜硝酸値が0.8mg/㍑に達したところで、別の容器に新しい人工海水とエアレーションを用意して魚を避難させます。

今回はろ材は洗いませんが水槽の水は別の容器に全て移して保管します。
保管している間、こちらはエアレーションの必要はありません。
水温だけ保ちながら放置します。

新しい人工海水を入れて魚を戻し6時間程度経ったら再び亜硝酸値を測定します。
次に保管してある水の亜硝酸値も計ります。
保管してある水の亜硝酸値が0.8mg/㍑以下に下がっているようでしたらその水を使い、下がっていないようであれば新しい人工海水を用意します。
方法は前回と同じ全換水です。

この作業を亜硝酸がなくなるまで続けます。
この作業が海水魚飼育の一番難しいところであり、一番苦労するところでもあります。
そして一番手を抜けない作業でもあるのです。
魚たちの命が掛かっていますので。。。

無事に育ちますように。